人気ブログランキング |

アジア人として                    豊かに生きる道を探す                 NPO法人
by asiacommons
カテゴリ
全体
AsiaCommonsとは
事業案内
募集案内
アジア図書館(豊島五丁目団地)
北京益仁平中心情報
出会い
韓国社会
お茶
演劇
東日本大震災
その他
未分類
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2017年 07月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
7月28日開催『8月15日に..
at 2018-07-19 00:51
★アジア図書館カフェin豊島..
at 2018-07-18 21:02
★アジア図書館カフェin豊島..
at 2018-06-23 21:40
「アジア図書館カフェ」活動中
at 2017-07-05 16:53
【受講生募集中】5月韓国語入..
at 2017-01-06 13:24
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「性別差別の最初の案件」一年を経て受理

「性別差別の最初の案件」一年を経てやっと受理

9月10日、「性別差別の最初の案件」の原告者、曹菊さんは北京市海淀区裁判所で手数料を支払い、告訴の手続きを終えた。その後、彼女は、「やっと告訴できた、yeah!」と書いた紙を持ち、裁判所の外で記念写真を撮った。
d0218665_12472663.jpg

実は彼女が告訴を始めたのは2012年7月11日であった。しかし、当時、裁判所はこの事件は「受けられない」との答えだった。。その後これまで告発状、公開状など様々な市民活動の手段を通じて社会的注目を集め、ようやく受理されたというわけである。

「代理人の黄溢智から事件が受理されたとの連絡をもらった時、とても感動しました。一年前は、中国の司法に失望しました。でも、今回の民事訴訟が受理されたことが、私に希望をくれました。これからも頑張りたいと思います。」と曹菊さんは語った。

【管理職は男性限定、女性は駄目】

2012年6月12日、北京の大学生の曹菊さんはある就活サイトを通じて、「巨人教育」という企業の管理職に応募した。

2012年6月25日、応募した企業からずっと返信メールがないので、再度、募集サイトの内容を確認したら、「男性限定」という条件があることに気づき、まさか自分は女性だから駄目になるかもしれないとの懸念が生じ、「巨人教育」という企業に直接電話して問い合わせてみると、確かに男性限定だから、いくら優れた女性でも無理であるということが分かった。

【NGOと反差別活動への道】

曹菊さんは女性ならば、管理職になれないのは何故か、という疑問を持ち始めた。。そこで「性別の差別」ではないかと思って、曹菊さんは部活で知った反差別団体「北京益仁平中心」に聞いてみた。

すると、中国では『就業促進法』、『婦人権利保障法』などの法律規定があり、企業が職員を募集する際に、性別を条件とするのは法律違反であることが分かった。

そこで、彼女は法律で自分を守るべく闘うことを決めた。

【アンケートで分かる女性差別】

曹菊さんの事件は珍しくはない。。就活では女性差別が一般的にあると言ってもいい。中国全国婦人連合会*の発展部の2011年のアンケートによると、56.7%の女子大生は就活で「女性にチャンスが少ない」と感じたことがあり、91.9%の女子大生は「企業は男性を優先するという風潮がある」と感じたことがあるとの結果が出ている。

また、 北京市婦人児童委員会が*2011年8月12日に結果を公表したアンケートによると、女子大生が就活で「性別差別」を受けるのは一般的であり、61.5%の女子大生は就活で「性別差別」を受けたことがあるとの結果が出ている。

中国国内で有名な市民活動家で、反差別活動を続けている陸軍さんは取材を受けた際にこう語っている。:「2013年に国務院も『性別差別』についての専門規定を作った。『性別差別』の一般化と厳重性を証明したあらわれでもあり、、国も『性別差別』を重視していることがうかがえる。。しかし、違法した企業が法律によって罰せられるか否か。
差別された大学生は法律によって守られるのか?このことは大学生の就活に関する法律の施行に関わる重要な点である。。だから、『性別差別』の最初の案件としてどのように展開されるのか非常に注目している。」

【専門家の観点】

曹菊さんの代理人の黄溢智弁護士
・・・「『就業促進法』、『婦人権利保障法』など『性別差別』を明らかに禁止する規定があるから、“巨人教育”という企業が職員を募集する際の男性限定という条件は明らかに『性別差別』であり、原告の就職権を侵害したことになる。『就業促進法』第62条によると、差別された労働者は裁判所に告訴する権利がある。裁判所は告訴を受理し、公正に審判するべきだ。」と述べている。

法律学者、中国政法大学憲政研究所の担当者劉小なん(中国漢字、木偏に南)さん
・・・「企業の『性別差別』は、女子大生の就活の大きな障害になっている。反差別に関する法律があまり知られいないため、、女子大生も皆我慢してしまいし、、『性別差別』がずっと続いてきたというわけである。2008年の『就業促進法』は『性別差別』のケースなら裁判所に告訴することができると規定したが、これまでに一例もなかった。裁判所は女性の訴訟する権利を守るべきだ」と述べている。
…憲政研究所2010年のアンケートによると、68.98%の企業は大学生向けの募集で性別の制限を設けている、との結果がでている

女性権利の公益機構を運営している呂頻さん
・・・「今の社会は、女性の独立を要求する一方、女性が就職する上で数多くの障害物を作ってしまった。これは悪循環になっている。本件の原告の行動は賞賛するに値する。反差別の法律を実施する効果が期待され、男女平等の実質的な実現にもなる。とても有意義なことである。」と述べている。

*両方とも政府機関
記事の提供:中国人留学生 楊卓(元北京益仁平中心スタッフ)
by asiacommons | 2013-09-21 12:44 | 北京益仁平中心情報

【参加者募集】10月21日韓国文化案内

韓国文化案内-「私の色は何色?―韓国人アーティストとの色探しの時間―」
日時)10月21日(月)18:30~21:30
場所)北とぴあ802会議室(東京都北区王子1-11-1)
内容)明るい暖色でシンプルなタッチが見る人を癒す作品として韓国で人気のあるアーティスト、金永植さん。「韓国の色使いについて」のミニトークと「私の色は何色?」というワークショップを行います。自分の色探しの旅を一緒にしましょう。新しいあなたに出会えます。金永植さんは一期一会を大切にする方です。終了後、簡単な懇親会(会費別途)を行いますが、時間が遅いので軽く食事をした方がいいかもしれません。
持ち物)12色以上の色鉛筆(100円ショップなどで購入可)、黒色ボールペン
講師)金永植(韓国の金泉大学教授・アーティスト)
費用)300円
定員)25名(先着順)申し込んで来られなくなった方は必ず連絡をください。
申込)電話、FAX、またはEメールで名前、住所、電話番号、メールアドレスをお書きの上、申し込みは10月15日~18日の間にお願いします。
by asiacommons | 2013-09-10 22:24 | 募集案内

【参加者募集中】9/29ハングルマダン

ハングルマダン(韓国語広場)開催のお知らせ
★韓国語でしゃべりましょう★
9月29日(日)14時~16時半 赤羽文化センター視聴覚室にて。参加費:100円(当日精算)
講師:韓国映画・ドラマの翻訳をしている方から、映像を見ながらトークをいただき、その後、各テーブルに分かれて、フリートークになります。
ご参加希望者は、9月25日までにasiacommons@gmail.comにお名前と連絡先を書いてお申込みください。お友達に声をかけてくださってもOKです。お申込みいただいた方で、万一、当日参加できなくなった方は、事前にご連絡いただけるとうれしいです。よろしくお願いいたします定員制先着順になります。
by asiacommons | 2013-09-10 22:19 | 募集案内

韓国料理教室第一回

8月25日、滝野川文化センターの料理室にて尼僧の智浩先生による韓国料理教室を開きました。
智浩先生は韓国で着ている尼僧の服で登場。
d0218665_2391263.jpg

今回は韓国のお寺でもよく召し上がるというじゃがいもチヂミ、酢豚もどき、それからこれは尼僧の智浩先生自身は口にしませんが家庭でもよく食べるお肉のソースを教えていただきました。

まずは、じゃがいもチヂミのデモンストレーション。
みんな前に集まり、真剣に聞いています。
d0218665_2310474.jpg


ポイントは、
・じゃがいもをまずおろし器でおろして、少し汁を捨て、とろみが出るまで米粉を入れる。(米粉がなければ薄力粉、てんぷら粉、コンスターチ、片栗粉などで代用)
・焼くときに小さめに焼くと形が崩れなくてよい。
など・・・
試食をすると→もちもちしておいしい食感!とてもおいしいとの声が。


実際に各テーブルで料理してもらいます。
各テーブルに分かれてやるときには、おろし器ではなくミキサーを使いました。
ミキサーを使うと、汁が出ないので、米粉をたくさん入れなくてはならなかった・・・など実践中に反省点があげられました。こちらはあるテーブルのじゃがいもチヂミです。
d0218665_2395364.jpg


時間の関係で次の酢豚もどきのデモンストレーションを、じゃがいもチヂミの調理を終える前に始めなければならなかったので、各テーブルで役割分担をして、デモンストレーションを見る担当とじゃがいもチヂミ作り担当に分かれて作業しました。各テーブルでみなさん協力して作業をすすめてくれました。

・シイタケの味付けをしっかりすること。
・シイタケのだし汁をタレとして使うこと。
試食をすると→シイタケがおいしく食べられるとの声があがりました。

各テーブルで実際に料理。
先生が各テーブルをまわって、アドバイスをしながら・・・。
写真

最後に豚肉をやいて、各テーブルに持っていきました。
それから、ソースの秘密をきいて。
d0218665_23121021.jpg


みなさん、おいしくできたと満足されていました。次回も継続してやっていきましょうとの声が出ました。お家でできる料理を習っていきたいと思います。

ご参加いただいたみなさま、どうもありがとうございました。
by asiacommons | 2013-09-09 12:54 | 事業案内