人気ブログランキング |

アジア人として                    豊かに生きる道を探す                 NPO法人
by asiacommons
カテゴリ
全体
AsiaCommonsとは
事業案内
募集案内
アジア図書館(豊島五丁目団地)
北京益仁平中心情報
出会い
韓国社会
お茶
演劇
東日本大震災
その他
未分類
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2017年 07月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
7月28日開催『8月15日に..
at 2018-07-19 00:51
★アジア図書館カフェin豊島..
at 2018-07-18 21:02
★アジア図書館カフェin豊島..
at 2018-06-23 21:40
「アジア図書館カフェ」活動中
at 2017-07-05 16:53
【受講生募集中】5月韓国語入..
at 2017-01-06 13:24
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

10月20日韓国語広場(ハングルマダン)実施

日頃なかなか触れ合うことのない韓国人と韓国語を話して楽しいつながりを持ちましょう!
という企画で参加者を募集したところたくさんの方から参加希望の問い合わせがありました。
今回は、定員が24名だったため、先着順で受け付けまして、お断りした方も何人かいらっしゃいます。ごめんなさい・・・開催後、次回もやることが決定しましたんで、次回、お会いしましょう!

さて、10月20日当日は・・・
d0218665_20405199.jpg

七世一樹さん のミニ講演会のあと、各グループに分かれてフリートーキング。
どこの国の人か分からなくなるほど日本語が上手で、しかも関西なまりの七世さんは、お笑い芸人のように、おもしろおかしく、自己紹介をしていただきながら、韓国語の学習のポイントを説明していただきました。かなり大きな笑い声が外にも響いていたようです。
とっても気さくな感じがしてみなさんからの質問にもたっぷり答えてくれました。
私が印象的だったのは「七世さんが考える日本と韓国で大きく違うところは?」という質問に対して「思い当たらない」とおっしゃったことでした。
d0218665_2036676.jpg


日本と韓国をよく知っていらっしゃる七世さんがそうおっしゃるのだから、知れば知るほどあまり変わらないのかもしれないなと思いました。実は大きく違わないということがすごくうれしかったのです。
七世さんは、幼少時から日本と韓国を行ったり来たりしているので、ある意味、両方の文化を一緒に理解された方だと言えるでしょう。ですから通の究極論だと思います。

実は、韓国は迷惑をかける文化、日本は迷惑をかけない文化と言われたり、韓国はラテン系で右脳で考え、日本は左脳で考えるという意見に対しても、そういう傾向はあるけど・・・どうも腑に落ちなかったのです。

この企画をするときに、自己紹介の仕方の韓国と日本の違いをまず考えました。
なかなか思い当たらなかったのですが、会社で仕事するときに自己紹介したり、飲み会で自己紹介したり、日本の入社試験で自己紹介したりするのを思い起こして、私なりに分析した自己紹介の違いは、韓国人の方が感覚的に相手を認識し、紹介の場ですぐに仲間になろうとする、日本人の方が相手が何をやっているかと細かく認識し、その相手が何をやっているかに興味を持ち、紹介をもらったとしてもすぐに仲良くなりにくい。
など、あれこれ思いめぐらせましたが、七世さんに「自己紹介の仕方で違いがあるか」と聞いたところ「あまり違いがない」との返事をいただきました。この返事も、先ほどの「日本と韓国で大きな違いがない」という視点と重なります。

というわけで、私も非常に考えさせられるミニ講演会でした。

韓国人の他のゲストは、
鄭さん:ワーキングホリデーで来日中の20歳の学生
李さん:成均館大学講師、現在早稲田大学交換研究生
曺さん:㈱トップアカデミー 学院長
曺さん:某韓流放送局社員 在日3世
Kさん:北区在住 在日2世
彼女たちにフリートーキングの時間に各グループに分かれて参加していただきました。
大きな笑い声が響いていましたが、楽しいお話をしていたのでしょう。
「はじめてコース」では
自己紹介の仕方や、簡単な挨拶、Kさんから日本と韓国での家族の呼び方の違いなどを説明していただきました。
d0218665_2043325.jpg

みなさん、楽しい時間になりましたか?
韓国語を勉強しながら、日本語との違いや類似点を楽しみながら、そして、韓国人の友達を作り、韓国文化と触れ合う。戸惑う習慣などもあったりもしますが、なんだか韓国人と付き合うのは楽しくて、居心地がいいと感じて自分の人生が豊かになっていく気がします。
来年初めに、第二弾「韓国語広場(ハングルマダン)」-韓国語を使いたい日本人と日本語を使いたい韓国人との交流会を開きたいと思います。
また、みなさん、お会いしましょう。
お越しくださったみなさま、どうもありがとうござました。
今回いらっしゃれなかったみなさま、今度お会いしましょう。
by asiacommons | 2012-10-24 16:08 | 事業案内

10月2日TBSラジオ生出演

麻生晴一郎が、TBSラジオの探究ラジオ「Dig」(夜22時から23時55分)で10月2日22時40分頃からゲスト出演します。反日の背景にある中国の社会事情について話します。
ぜひお聴きください。
http://www.tbs.co.jp/radio/todays954/index-j.html
by asiacommons | 2012-10-02 17:42 | その他

「一市民の反抗」ヘンリー・D・ソロー

「一市民の反抗」ヘンリー・D・ソロー(山口晃・訳) 
 国家が個人を国家よりも高い自律した力として認め、国家自体の力と権威はその個人の力から生まれると考え、そして個人をそれにふさわしいかたちで扱うようになるまでは、ほんとうに自由で開かれた国家は決して実現しないでしょう。すべての人にとって公正であり、個人を隣人として尊重して扱う、そうした余裕をもった国家が最後にはできることを、私はひとり想像しています。そのような国家は、もしも国家から離れて暮らし、国家を口にはさまず、国家によって取り囲まれず、それでいて隣人、同胞としての義務はすべて果たす少数の人たちがいても、その安寧が乱されるとは考えないでしょう。国家がそのような果実を結び、熟して自然と落下するような経過をたどれば、さらに完全で栄光ある国家への道がひらかれるであろうとまた想像することもありますが、そのような国家はまだどこにも見あたりません。
by asiacommons | 2012-10-02 15:04 | 出会い